GitHubとは(非エンジニア向け解説)

就活生「GitHubって何ですか?」
私「GitHubで何かやりたいの?」
就活生「GitHubを使うと就活に有利って聞いたんですけど。エンジニアのポートフォリオって聞きました」

みたいな話があったのでざっくりとした概要をまとめます。
※そもそもGitHub自体を知らない、非エンジニア向け。

 

単語の確認

GitHubとは

そもそもGitHubとはGitHub社によって運営・提供されているwebサービスです。
名前の由来は「Git」の「ハブ(中心地、拠点)」。Gitの仕組みを利用して、自分のソースコードやデザインデータなどを保存・世界に向けて公開できるようにしたものです。

Gitとは

簡単にいえば「バージョン管理システム」。
プログラミングでサービスを開発する際、個人開発じゃない限り複数人で開発していくことになります。
その際「いつ」「誰が」「どこを」修正したのか。どれが最新のバージョンなのか。この辺りがわからないと困りますよね…。
その管理をしていく仕組みになります。

すごくざっくりしたことを言うと、GoogleドキュメントやGoogleスプレットシートは一番最新のバージョンを最初に表示させつつ「いつ」「誰が」「どこを」修正したのかも履歴を辿って確認することができますよね。あんな感じです。

つまり

「GitHubを使う」=「自分のソースコード(作品)を他者に公開する」ことになります。
(他者のコードを確認できるなど色んな用途が他にもありますが、今回は省きます)

 

何故活用した方がいいと言われるのか

簡潔に言うと、企業の人がソースコードを確認できるようになるからです。

 
プログラミング言語には色々なものがあるのですが、今回はすっごくざっくりカテゴリ化して「フロントエンド」と「バックエンド(サーバーサイド)」に分けた話をします。

フロントエンドは、主に見た目を作ったり整えたりします。
(HTML, CSS, JavaScriptなど)

バックエンドは、データベース(データの集合体)からデータを引っ張ってきたり、色んなファイルにアクセスして情報を取ってきたりします。
(Java, C, C++, PHP, Ruby, Pythonなど)

で、
フロントエンドはブラウザからコードが確認できます。
バックエンドは、ブラウザからだとコードが確認できません。

なのでwebを介してソースコードを見せたい場合、GitHubにコミットするのが一番簡単なんですね。
(ちなみに会って見せるならPCを持ち込んで直接コードを見せるという方法も勿論あります)

 

実際使った方がいいのか

使った方が良いだろうなと思うのは以下の様な人です。

  • 過去自分で作った作品(ソースコード)がある
  • 人と話すのがどちらかといえば苦手

あくまでポートフォリオなので、公開する作品があるのが前提です。
まずは作品を作ってみましょう!

それに加えて、話すのが苦手、という人はURLを提出したり、実際の面接で見せたりすると、作ったものに関しての質問が多くなったりします。そうすると自分としても話しやすかったり、などの効果があるかと思います。

 
とはいえ、GitHubを使うにはGitの使い方を覚える必要があります(=学習するためのコストがかかります)。
その労力を割くのと、さらに新しい作品を作るのと、どっちが優先すべきかといえば人によるとしか言えません。

フロントエンドに関してはブラウザからでもソースコードが確認できますし、バックエンドに関しては、実際の挙動も合わせて見たいという気持ちがあるため、サーバーにあげて動作確認できる状態に整えたりする方が大事かなとも思います。

 
ですので、ぜひ自分がやりたいように進んでください。
新しくGitを学び、Gitも扱えます!こういうコード書きました!とお披露目するも良し。その学習の時間を別のことに割いてもよし。
結局はポートフォリオであり、作品を見せるための手段の一つです。見た目や実際の挙動を見せたり、ソースコードの綺麗さを見せたり。いろんな表現の仕方があるかと思うので、自分に合った作品集の作り方を模索してみてください◎